カードローン審査の可否は個人信用情報機関の信用情報

消費者金融やクレジット会社や銀行で、キャッシングローンをする場合やカードを作る場合には必ず審査があります。その審査の際に、必ず個人信用情報機関に申込者の状況履歴などの照会を行います。

 

 

日本には照会する個人信用情報機関が3機関あります。


まず、(株)シーアイシー(CIC)です。CICはクレジット会社が共同出資した会社で、全てのクレジット会社が加盟しています。

 

次に、株式会社日本信用情報機構(JICC)です。JICCは主に信販会社、消費者金融、保証会社などが加盟しており、国内で唯一全業態を網羅した信用情報機関です。そして、全国銀行個人信用情報センター(KSC)です。

 

 

銀行の信用情報機関も情報はシェアできるように連携しています。


KSCは、銀行、信用金庫、信用組合などの金融機関が加盟しており、全国銀行協会が設置、運営しています。

信用情報機関が持つ情報とは?

信用情報機関が持つ情報は、主に申込情報、契約内容、クレジット情報、利用履歴などです。具体的には、氏名、生年月日などの本人の識別情報、契約日や契約額などの契約内容の情報、入金履歴や延滞の有無などの支払状況情報などが含まれています。

 

 

審査の結果に関係なく一定期間登録されている為新たに申込む場合の審査にも影響します。


これらの情報は消費者の支払能力や返済能力を調査するための判断材料となり、申込や契約内容の変更がある際の与信判断や与信管理に利用されます。それぞれ3機関が持つこれらの信用情報は相互交流ネットワークを通じて

 

 

借入先に関係なく信用情報は信用情報機関へ照会され確認されています。


他の信用情報機関と情報交流(CRIN)できる仕組みとなっています。情報交流することで消費者の信用力に応じた適正な信用供与が可能となり、過剰な貸付を未然に防止する機能を果たすとともに消費者の過剰債務を回避することで消費者の保護機能も有しています。