専業主婦は生計を一にする医療費控除で申告する

医療費控除の対象となる医療費は、治療を目的として支払った医療費が対象となります。病院で受けた診療や医薬品の支払いは勿論、薬局で購入した薬でも風邪薬のような治療を目的とした支払いは医療費控除の対象となります。

 

病院での診療でも健康診断は治療が目的ではありませんので医療費の対象外ですし、病気の予防や健康を目的としたビタミン剤などのサプリメントの購入費用も対象外になります。

医療費対象外の項目には注意

整体なども治療を目的とした場合には対象ですが、単に疲労を取るためのマッサージでは対象外です。また治療に直接関わらない部分では、介護施設などの利用、介護師や看護師などに依頼した療養のための世話といった人的役務に対しても医療費控除の対象です。

 

この控除の範囲は自分と、自分が生計を共にする配偶者や子どもや扶養している親族などのために支払った分に対して適用となり、最大で支払った医療費の200万円を上限に所得控除を受けることができます。

 

 

専業主婦の医療費控除はどうなるの?


専業主婦の場合は控除する所得がありませんので、生計を一にする人の所得から控除になりますので

 

 

一般的には夫の所得から控除することになります。


実際の控除額は支払った医療費から高額医療費、出産一時金などで補填された分を差し引き、更に10万円を引いた額が所得控除の対象額となります。この10万円の部分ですが、所得が200万円未満の人の場合は所得の5%の額となります。

 

支払った医療費を証明できる領収書などと源泉徴収票を確定申告書に添付して提出することで医療費控除を受けることができます。