専業主婦で子供がいないケースを考える

子供が好きじゃなかったり、夫婦だけの生活やお互いの仕事を優先したいといった考えから、あえて子供を作らない選択をする夫婦が増えている昨今。しかしながら、不妊や病気などで子供は欲しいのにやむなく諦めなくてはならない夫婦も大勢います。

 

私は運よく子供を授かりましたが、その後病を患い二人目を作るのは諦めることになり、専業主婦になりました。結婚すると、

 

 

親戚や近所の知人に「お子さんは?」と聞かれることが当たり前


のようになってしまいます。仕事を持っている主婦なら受け流せることも、

 

 

専業主婦だと「子育てが唯一の仕事」と言われている気がする


ので毎度憂鬱になってしまうと思います。一人子供が居たら居たで、

 

 

ママ友などもっと多くの人から「二人目は?」と頻繁に聞かれる


ので、それにも嫌気がさします。外に出て働いたり、趣味の習い事や勉強を充実させたりできたら、そんなしがらみも少しは紛らわせることができるのかもしれません。

体の弱い専業主婦はストレスが増えるばかり

しかし身体的理由で外で働くことができず、専業主婦には自由に使えるお金も無いので習い事などに通うことも難しいのです。自分の体調が悪い時は、一日寝てたいたい日もあり子供が小さいうちは特に大変でしたが、

 

 

子供がいたからこそ励みになり頑張れた面もあります。


主人は仕事が忙しく、子供が居なかったら非常に孤独感を感じていたと思います。しかし、子供も段々手がかからなくなり、やがては親元を離れて行ってしまいます。そうなった時、

 

 

何か心身ともにプラスになるようなことを見つけなくては・・・


と今から考えています。子供にお金がかからなくなる分趣味にお金を使えそうなものですが、自分たち夫婦の老後の心配もしなくてはなりません。まずは在宅でできる仕事を探してみようと思っていますが資格など無いのでむずかしそうです。