アコムで早期返済すると負担は減る

カードローンでは、残高スライド元利定額方式や定率リボルビング方式を用いる業者が多くなりました。毎月の返済額を一定にして計画的に返済できる仕組みが整っています。

 

 

アコムは増額返済や繰越返済ができるのかしら?


しかし、返済金額が少ないと返済期間が長くなる分、利息の負担が大きくなると考えることが出来るでしょう。

 

 

可能です。しかも早期に完済すればトータルの利息を大幅に減らす事もできます!


そこで、増額返済や繰り上げ返済を利用して、返済期間を短縮することも推奨しています。何故なら殆どのカードローンでは日割計算が用いられアコムも同じ方法で利息が計算されます。毎月の返済額を増額設定できる金融機関なら次のような考え方が出来ます。

年単位で計算すると差は大きい

18%の金利で30万円を借りたとしましょう。3年間で支払うと利息分は90,431円となり、借入額と金利は同じ条件のまま1年間で返済すると利息分は30,044円となります。期間を短縮した返済で60,387円も負担を減らすことが出来ます。

 

 

金利18%で30万円の融資を受けて途中で10万円の繰り上げ返済を1回入れた場合はどれくらいの差がでるのかなぁ・・・


繰り上げ返済なしで返済すると3年間かかって、その間の利息分は90,431円ですが、繰り上げ返済があれば支払回数は36回から23回に減少して利息分は47,879円に減ります。

 

 

途中で10万円繰り上げ返済する、しないでは差額でいうと42,552円になります!


毎月の返済額はそのままで、余裕のある時に繰り上げ返済を追加するだけで、返済期間を短縮し利息分も42,552円減らせる計算になります。毎月の返済額を増額したり、繰り上げ返済を追加することで、利息を減らした早期返済が出来るようになります。

 

返済シミュレーションを活用して、実際に計算すると分かりやすいです。アコムでは30万円借入れた場合では18%が適用されますがプロミスの場合17.8%なので利用するならプロミスのほうがおすすめです。