パートなどで安定収入があれば専業主婦でもアコムに申込める

パートなどで安定収入があれば主婦でもアコムに申込む事ができます。しかしアコムもいいのですが、

 

 

  • 申込が誰にもばれないWEB完結
  • 最短1時間融資と早い!
  • 返済は小額の1,000円〜

と主婦にメリットの多いプロミスが編集部のおすすめです。

パートなどで安定収入があれば主婦でも申込める大手消費者金融

プロミス 【最短1時間融資】
SMBCコンシューマーファイナンス


プロミスレディース

実質年率 4.5%〜17.8%
借入限度額 最高500万円
アコム
三菱UFJフィナンシャルグループ

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

基本的にアコムで専業主婦が申込むのは不可能

アコムは消費者金融ですから総量規制の関係で収入のない専業主婦はアコムに申込む事ができません。アコムに申し込むためには、

 

 

パートなどでの安定収入が必要です


しかし主婦なら配偶者がいますよね?

 

 

配偶者に安定収入があれば専業主婦でも銀行カードローンに申込が可能なのです


しかし専業主婦でアコムに申込めずに銀行カードローンを闇雲に申込んでもダメです。しっかり専業主婦を受け入れてくれる銀行カードローンに申込まなくてはいけません。銀行カードローンの中でも、

 

 

  • 専業主婦申込不可
  • 申込ができても旦那さんにバレる可能性がある

ので注意が必要です。以下の銀行カードローンなら専業主婦向けの小額借り入れ枠がありますので上記のような問題を解決する事ができます

専業主婦がアコムに申込めなくても以下の銀行カードローンに申込めます

リザーブドプラン【スルガ銀行カードローン】

スルガ銀行

金利 年利 3.9%〜14.9%
限度額 最高 800万円

専業主婦の人がアコムでお金を借りられるようになるには

アコムでは基本的に誰でも融資を受けることができるのが特徴ですが、それでも少なからず例外というものがあります。そんなアコムで融資を受けることができない層のひとつが、専業主婦です。

 

専業主婦という言葉の定義は様々なものがありますが、アコムでは専業主婦とは「仕事をせずに主婦業だけに専念をしている人」としています。

 

アコムで融資を受けるための条件としては、働き方はどうであれ毎月安定した収入があるということなので、収入を得ていない専業主婦の場合はアコムでお金を借りることができないということになります。

 

たとえば銀行などのカードローンでは専業主婦でも融資を行っていますが、アコムはそういった銀行のカードローンとは融資の仕組みが違うため、専業主婦を対象とした融資は行っていないのです。

 

法律改正による業界の再編が行われる以前は、アコムでも専業主婦への融資を行っていた時期もあったようですが、現在はどんな方法であっても専業主婦が融資を受ける方法はありません。

 

そもそもアコムのホームページに設置されている「3秒診断」でも「収入が0円」として申し込んだ段階で「融資はできません」といった回答が返ってくるほどです。

 

確かに「3秒診断」は仮審査なので、ここでの審査結果がそのまま本審査の結果になるとは限らないのは言うまでもないのですが、専業主婦の場合はそのまま審査に申し込んだとしても融資を受けることはできないでしょう。

 

アコムを利用する目的としては、急な出費であることや、自身が自由に使えるお金を増やすことなどが挙げられますが、専業主婦の場合はアコムの規定としてお金を借りることは不可能となります。

 

ではどうすれば専業主婦がアコムでお金を借りることができるのかということですが、専業主婦という立場である以上は不可能なので、何らかの仕事をして個人的に収入を得られるような状態になる他ありません。

 

ただし、その場合でも仕事を開始してすぐにアコムで融資が受けられるわけではなく半年〜1年程度は勤務実績が必要となりますので、いずれにしてもすぐにアコムでお金を借りることやアコムマスターカードをつくることすら難しいということになります。

アコムに申込む前に専業主婦は医療費控除を知っておこう!

あなたは医療費控除を意識していますか?

専業主婦の医療費控除は、毎年意識して行っていますか?医療控除は、確定申告の作業をしたことがないサラリーマン世帯にとっては、ちょっと面倒と思ってしまっているかもしれません。

 

でも、意外に簡単にできますし、医療費控除申請によって、かなりの金額が還付される場合がありますので、申告しない手はありません。基本的には、年間の医療費等が10万円を超えていると、医療費控除が受けられます。

高額な入院費などはなかったですか?

高額な入院費などはかかっていなくても、家族みんなの内科や歯医者などすべての医療費を合わせてみましょう

 

不妊治療をされている方にとっては、助成金を受けているから、対象外かも…と思っていらっしゃる人も多いようですが、その部分は差し引くことになりますが、それ以外のところで控除対象の金額となっていることが多いので、見直してみましょう。

 

不妊治療の為に通った交通費も申請対象となりますので、Suicaなどのチャージ領収書もとっておくと加算できます。

過去5年さかのぼって申請し還付金が受け取れることもある

そして、過去5年前までさかのぼって申請し還付金が受け取れることもありますので、要チェックです。専業主婦の医療費控除は、家計のやりくりを任されている場合は特に、常に意識してしっかり申告に備えたいものです。

 

でも、その申請はややこしいのでは…と、代わりにやってくれない夫を恨めしく思う変わりに、還付金を有効に使うことを考えてトライすることをおすすめします。意外に簡単にできてしまいますから。

申請はインターネットからでもできる

インターネットから国税庁の確定申告書作成コーナーで、数字をそのまま欄内に打ち込んでいけばいいだけなのです。記入すべき数字は、給与額や源泉徴収額など、わかっているものばかり。

 

あとは、1年にかかった医療費の領収書と、交通費の領収書を、綺麗に保管しておけば記入は簡単な作業なのです。もし不明なことがあれば、途中まででも記入したものや、その他の保険料明細やすべての領収書、振込み希望銀行口座、印鑑をもって、税務署へ行ってしまいましょう。

 

確定申告の時は、税務署の担当者の方が懇切丁寧に記載の仕方を教えてくれます。